2005年03月31日

きのうのきみが代


森山良子さんが歌った、静かに熱唱した 君が代 です。
日本×バーレーン戦そのものは一日経ってしまったので書きません。
オウンゴールのみの一点で勝利っていうのは、誰しも予想してなかったことでしょうね。

君が代は、代表試合のある度にいろいろな人が歌ってきましたけれど、国歌・歌詞の意味を越えて
「素晴らしいなあ」と思ったのは昨日が初めてでした。
歌い出す前の表情からして良かったです。

平井堅さんの 古時計 を聴いて、素直に「いいなあ。。」と感じたのとちょっと似てるかもしれませんね。


posted by hi/low at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のなにか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二十面相復活!…または図書室でワクワクの頃


おおお。
ポプラ社さん 英断ですっ!

文庫版 江戸川乱歩「怪人二十面相シリーズ全26巻」発売されたんですねー。
昨日の朝刊に表紙絵付きラインナップがデカデカと出ててびっくりでした。
小学生の頃(だったっけかな?)、胸躍るタイトルとおどろおどろしい表紙にワクワクドキドキしながら読んだ記憶が甦りましたねー。

「電人M」とか「海底の魔術師」とか「鉄人Q」とか。
紙芝居か手書きの映画ポスターぽい当時の表紙がじっつに鮮烈だったんですけど、今回新しく描き下ろされた26枚もかなり いーですねー。

4-591-08431-0.gif

4-591-08430-2.gif

実はついさっきポプラ社のサイトに行って知ったんですが、すごいはずです、叙情的で摩訶不思議で、一枚の絵としても十分鑑賞に堪える作品を生み出す 藤田新策さんの仕事だったんですね。

どうやら未読の作品もあるみたい(葛飾区立木根川小学校の図書室に無かっただけかも)で、全26冊を一気のオトナ買いしたい衝動に駆られています (^-^ゞ
ただし対象読者は 小学校高学年〜中学生 なのですが。

そうそう、私の記憶が確かならば、「怪人四十面相」は昔「怪奇四十面相」ってタイトルだったはずなんですけどねー。
もひとつ、巨大な顔が夜空でにたにた笑う「妖人ニコラ」っていう作品もあったと思うんですけど、わたしの記憶違いなんでしょうか。

そうだ、もう一枚、ぱっと見 一番気になった表紙を載せちゃいましょう。

4-591-08433-7.gif

「仮面の恐怖王」、です。
なんかとてもイカれてそうな恐怖王が素敵ですね。
posted by hi/low at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 本に関するあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。