2005年03月19日

紅茶三兄弟とインスタントコーヒーのブレンド飲み


パナソニックCMの「この木なんの木気になる木」くらいでっかい桜は、はたして本物なのかCGなのかが気なってしょうがない土曜の昼。


飲み比べちうのピラミッド紅茶三兄弟ですが。

ピラミッド紅茶三兄弟.jpg





アールグレイの香りがことのほか嬉しい驚きだったので、もっすごい期待を込めて買ってきたダージリン。
なーんだかインパクトに欠ける香りと味でちょっとがっかり。

ところがですね。

今朝、朝食と一緒にアールグレイをしゃばしゃばしたら、逆にその香りの強さに 「あれ?なんだか相性良くないぞ」 と眉間に小ジワ。
急遽ダージリンにチェンジしてみたら、やあ、こっちの方がパンに合うや♪

夜に飲むアールグレイが美味しいと感じたのは、一日の仕事が終わった後のリラックス感を増幅させてくれるからなのでしょう。
一息つくときはいつでもコーヒーだったわたしですけど、紅茶は てぃーぴーおー に合わせて楽しむものなんだなあと実感しました。 ティーバックといえども奥が深いなあ。。

コーヒーに話をスイッチ。

だいだいいつも飲むのは詰め替え用のAGFマキシムですけど、たまには違う銘柄のに変えてみたりもします。
開封したてならどれもそこそこいい風味いい味わいですね。
ですが、開け閉めする度にどんどんぼんやりした味になってきて、カップ3〜4杯ぶん残したところで次のビンを開けてしまうのが常です。

そうすると、或る日三種類くらいの少量入り瓶詰コーヒーが出現するわけで、香りの飛んだのをそのまま飲む気にもなれず、てきとーな割合でブレンドを敢行してみるのです。

ひどい出来のがありました。
可もなく不可もなくもありました。
苦味と酸味の両方がとんがっちゃって半分しか飲めなかったのもありました。
新しい味に出会えてコーヒーカップの褐色の水面をまじまじ覗き込んだ時もありました。
あれは何と何のブレンドだったのかなあ。。

まあしょっちゅうやる事でもないので、次回ナイスブレンドを発見した際は忘れずメモをしておこうと思っています。



posted by hi/low at 12:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のなにか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。