2005年07月10日

「川に ぷかぷか浮いてきました」本編


 … 寄居駅で秩父線に乗り換え、三つ目の野上駅に到着しました。

野上駅.JPG

【 午前の部 MTB4人連れ 】

4台のバイクたち.JPG
高速の事故の影響 ussyさん たち
が(たぶん)いらいらしながら路上にいた頃、わたしは すっかり寛いで、モンベルのオペレーションハウスでテントの組み立て講習など見ていました。 コーヒーなど飲みながら。

実は他のツアー参加者やガイドさんたちも到着が遅れている状況で、待っている時間を利用しての りんきおーへん講習だったのです。

MOCウッドデッキ.JPG
※ こっちは拡大できる版でっす

ラフトボート3段重ね.JPG
 ※ 三段積みラフトボートの図。 後姿はスタッフさん。皆 体育会系で ガタイいいです。

そうこうしているうちに ussyさん御夫婦が到着。
旦那さまとは「はじめましてー!」です。

今回のハイブリッドツアー参加者は わたしたちだけ。 3人。
以外に人気無いのかなあ、と思いましたが、聞くと日曜日は10人、ガイド2人体制のツアーがあるとのことでした(あ、MTBだけのツアーだったっけ)
まあ それはともかく、ガイドしてくれた岩瀬さんという方が個性的で なかなかの人でした。

冒頭に載せた写真がレンタルバイクです。
予想以上にいいバイクたちで それだけで嬉しくなりました。
わたしとussyさんの旦那さまのはTREK4500と5000。
ussyさんのはキャノンデールF400。
駐車場で馴らし走行した後、ゆっくり走り出します。

SL… じゃなかった.JPG

SLが走ることで有名な鉄橋という事でしばらく待っていましたが、ぷぉんっ という音とともに現れたのは ふつーの列車でした。
ここの鉄橋脇に線路の枕木が積んでありまして、

もんきーハウス.JPG

それを貰い受け おっしゃれーなテラスに使ったのがこの建物です。
木造の2×4で、ガイドの岩瀬さんが一人で建てたんだそうです。 しかもたった10ヶ月で。
オーナーはMTB界で有名な ワークショップ・モンキーの今泉紀夫さんでした。
ショップのMTBツアー(山遊び)のベース基地だったんですね。
中にも入らせてもらっちゃい、真新しい木の感触や、何台もあったモンキーのバイクに じゅるっ! モンでした。
こうゆう隠れ家とか基地とかガレージって 男の大好物ですもんね。
ちなみに、ドアノブは 洒落っ気たっぷりの モンキーレンチでした。

そう、話は逸れましたが、MTB走の方は、かなーりあっさりした内容だったです。
わたしたちに合わせて河原沿いの緩いアップダウンのコースを選んでくれたのでしょう。
ラフトのコースを見下ろし、嬌声をあげながらやってきたボートに手を振ります。
わいわい きゃーきゃー と楽しげで、わたしたちも午後からおんなじふうにするなんて その時は思いもしませんでした。

「あっさりした」と書きましたが、それでも途中二箇所ほど初心者には無理っぽい場所もありました。
そんなところも岩瀬さんは らくらくクリア。
後でチェックしてみたら 元DHチャンプの人だったんですねー、なっとくなっとく。
モンベルMOCとは別にMTBツアーを組んでくれるそうです。
ただし 今のところは あんまり忙しくなりたくないらしいです。

なんだか前半でけっこう長くなってしまったので、ラフトの部は別記事してみます。

これも荒川.JPG

曇ってるのでアレですが、緑色の清流、ここも荒川なんですよねー。
posted by hi/low at 17:11| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | チャリメイツ〜西多摩のあいつ☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文章をつらつらと読んでいてハタと目が留まりました。モンキーベースは時間と労力を無償提供した関係者がみんなで寄ってたかって建てた部分もたくさんあるんですよ。何人もかかって力技で梁をあげたり、溶剤にむせながらペイントしたり・・・なんかちょっと違った表現になってますねぇ。残念ッ!!
Posted by 通りすがりのモンキー関係者 at 2005年11月29日 12:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4970706

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。